ようこそゲストさん

素晴らしき哉、陰謀!旧本店

2017/06/30(金) 新本店へ移転します。

t 業務連絡
さて、

2014年が記事の最後なのですが、

2016年には、
コメントを頂いておりましてすみません。

さてさて、

スマホ時代におきまして、

この掲示板は少々見えづらい、

華がない、

というわけで、

本店機能を移転致します。

素晴らしき哉、陰謀!新本店

今後共、

陰謀界隈の皆様、

宜しくお願い致します。
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ

2014/02/04(火) 世界の首脳が土下座外交のためにマーク・リッチを訪問する

世界の王様、マーク・リッチの話題です。
というわけで、久々にオルタから。

マーク・リッチとて、その内寿命ですので、王様も変遷していくのでしょうが、
寿命の間に世界は変えることができますので、関心はもっておいたほうが
いいでしょうねぇ。

勝手に引用すみません。詳細はリンク先でご覧ください。関心がある方は、メルマガに登録すると(有料)いいかもです。
米軍が戦争を開始すれば、「当然」、銃弾メーカーへの発注も急増する。銃弾メーカーは好況に活気付く。

「リベラル=穏健派」と見なされてきた民主党。第二次世界大戦への本格的参入を行ったF・D・ルーズベルト大統領は民主党政権であり、ベトナム戦争への泥沼的介入を始めたジョンソン大統領も民主党政権であった。クリントン民主党政権はソマリアへの軍事介入、スーダンへのミサイル攻撃、ユーゴスラビアへの空爆と好戦性を発揮し続けた。オバマ民主党政権もアフガニスタン戦争を継続してきた。

戦争が始まれば銃弾メーカーは好景気に沸き、戦争を開始してくれた民主党・DLCへの政治献金も急増する。

オリン社、ウィンチェスター社が某国の政府軍に銃弾を供給すれば、反政府軍にはマーク・リッチが銃器・銃弾を密売する。

死体の数だけ利益が増加し、アメリカ民主党への政治資金が増加する。

これが「世界の支配者=アメリカ」政界の実態であり、アメリカの、どの政権も戦争を止める事が出来ない「アメリカ=戦争国家」の実情である。

その要に座るマーク・リッチが、時の政権に「命令」を下し、毎年、ダボス会議において世界中の首脳達が「土下座外交」のためにマーク・リッチを訪問する。
戦争が無くならない、本当の理由
日本の首相への影響力は米国政府を通じてとなるのでしょうねぇ。

韓国へはいかがでしょうか。気になるところです。

2014/01/30(木) ナチスは日本が作ったとする陰謀論

t 飛鳥昭雄
飛鳥昭雄氏のYoutubeにて、若干ですが、古くて新しいテーマ、
緑龍会とヴリル協会のことに触れています。

第1部「飛鳥ゼミナールXIII」飛鳥昭雄 エクストリームサイエンス


ちなみに他のブログ記事になっている、
緑龍会とハウスホーファー。
http://jfcoach.blog49.fc2.com/blog-entry-177.html

この手の話題は資料が多い割には知名度がいまいちですね。
飛鳥昭雄氏の情報に期待しましょう。